スバルの7人乗りSUVコンセプト「VIZIV」は「トライベッカ」の後継か?【ロサンゼルスオートショー16】

2016年のロサンゼルスオートショーにて、スバルが次世代フラッグシップとなる大型SUVのコンセプト「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」を世界初公開しています。

ml01603170

同社としては史上最大サイズ(全長5200mm・全幅2030mm・全高1860mm・ホイールベースは2990mm)というミッドサイズSUVは、3列シート7人乗りで、2018年に北米市場でローンチ予定の次世代SUVの「サイズ感」を表現するコンセプトカーということです。

さて、日本では3列シートのスバル車というと、エクシーガ・クロスオーバー7を思い浮かべるところですが、北米向けとなると「トライベッカ/B9トライベッカ」というモデルが存在していました。2014年でディスコンとなっているトライベッカですが、「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」は、その後継モデルと見ることができます。日本では発売されなかったトライベッカですが、2005年の東京モーターショーで参考出品されたことがあるので、記憶に残っているファンも少なくないかもしれません。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事