橋桁落下事故が発生した国道176号の迂回路として高速道路の通行料金を無料化

NEXCO西日本関西支社は、橋桁落下事故で通行止めとなっている一般国道176号を迂回して高速道路を利用する車両の通行料金を無料にすると発表しました。

0001 (2)a

迂回車両の通行料金が無料となる高速道路の区間は次の通りです。

・(中国自動車道 西宮北IC~神戸三田IC間)
・(中国自動車道 西宮北IC~舞鶴若狭自動車道 三田西IC間)

0001 (3)a

ただし、西宮北IC・神戸三田IC・三田西IC以外から流入・流出する場合(区間外走行)と、三田西ICと神戸三田IC間を走行する場合(区間外走行)は、有料となりますので、注意してください。

0001 (3)b

つまり、無料区間の2区間のみを走行する場合だけが無料で、無料区間を含んで通過する場合は有料の区間外走行となります。

この措置は、4月22日(金曜)に発生した建設中の新名神高速道路(高槻~神戸)建設現場における有馬川橋橋桁落下事故で、国道176号が通行止めとなっていることによる渋滞を緩和するために実施されます。

【通行料金無料措置の概要】

1.開始日時

平成28年4月23日(土曜) 3時00分~ 当面の間
※終了する際は、別途発表があります。

2.対象車両
・中国自動車道(上り線)神戸三田ICから流入し、西宮北ICで流出した全ての車両
・舞鶴若狭自動車道(上り線)三田西ICから流入し、中国自動車道 西宮北ICで流出した全ての車両
・中国自動車道(下り線)西宮北ICから流入し、神戸三田ICで流出した全ての車両
・中国自動車道(下り線)西宮北ICから流入し、舞鶴若狭自動車道 三田西ICで流出した全ての車両
※当該走行以外は無料通行の取り扱いの対象外(有料)
※三田西ICと神戸三田IC間の走行は対象外(有料)

3.利用方法
一般レーン、ETCレーンのいずれを走行しても無料の対象となります。
※ETC利用の場合、出口料金所では通行料金が表示され、ETC利用照会サービス等において利用履歴が表示されますが、料金は請求されません。

(山内 博・画像:NEXCO西日本)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事