新型スズキ・アルトは60kgの軽量化で燃費リッター37キロ、価格60万円台からで登場

スズキの軽自動車「アルト」がフルモデルチェンジ、8代目となりました。

New_Alto201405

新型アルトは、ベーシックな軽自動車として燃費性能の向上などをシンプルに追求、FF・CVT車で37.0km/Lというガソリンエンジン車としてもっとも優秀な燃費性能を実現しています。

燃費性能に効いているのは軽量化です。従来モデルとの比較で約60kgも軽くなり、最軽量グレードの車両重量は610kgとしています。 

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。