好調ベントレーの「コンチネンタル」シリーズ、2016年モデルの詳細

3年連続で販売台数が1万台(全世界で)を超えたベントレー。

母国となる英国のほか、中東、韓国、日本でも販売を増やしていて、日本では2014年の306台から20%増となる353台に増加。なお、景気が急減速している中国では、2014年の2560台から1615台に落ち込んだそうです。

20160120Bentray003

確かに、東京都内ではよく見かけるようになった印象を受けますが、その世界観をわずかな時間ですが味わうことができました。

試乗車(写真)は「Continental GT V8 S」で、ここでは「コンチネンタル」シリーズ(GT V8 コンバーチブル含む)の2016年モデルの概要についてご紹介します。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。