好調ベントレーの「コンチネンタル」シリーズ、2016年モデルの詳細

エクステリアでは、フロントスポイラーやフロントフェンダーをはじめ、前後バンパーとラジエータグリル、ラジエータシェルとフェンダーベント、リヤディフューザーが新しいデザインに変更されています。

20160120Bentray002

ほかにも、LED式ナンバープレートライトの採用や、フューエルフィラーキャップ収納部やトランクのデザイン変更、スモールリップスタイルのスポイラーを新たに採用するなど、細部にまで手が入れられています。

インテリアでは、シフトレバーまわりのカバーとブライトベゼルが変更されているほか、ストレートフルートシート、スモールダイヤモンドスタイルのシート用ハイトデザイン、センターコンソール、ダイヤルおよびクロックのグラフィックなどを一新。

20160120Bentray004Continental_gt_01

また、新しいコラムマウント式のギヤシフトパドルやデュオトーン・シングルトーンのスポーツステアリングも採用。

20160120Bentray006Continental_gt_0220160120Bentray033

ボディカラーは新色として「Camel(キャメル)」、ブルー系の「Marlin」、「Portofino」、「Jetstream」が用意され、インテリアカラーは「Shortbread(ショートブレッド)」、「Camel(キャメル)」が新色として加わっています。

20160120Bentray032

なお「Continental GT V8 S」の車両本体価格は2510万円で、試乗車(ボディカラー:Jetstream、インテリアカラー:Beluga)にはスポーティな内・外装を演出する「マリナードライビングスペシフィケーション」やオプショナルペイントなど、総額265万円超!!  のオプションが用意されていました。

(文/塚田勝弘・写真/小林和久、塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。