最新ランドクルーザーの走りは王者にふさわしいか?

欧州勢を中心としたダウンサイジングターボ化の流れは、大型SUVにも及んでいます。たとえば、5mに迫る全長の新型ボルボXC90は、2.0Lの直列4気筒ターボ(スーパーチャージャー付)でその巨体を動かすという、ダウンサイジングターボの典型例といえそう。

LAND_CRUISER_08

一方で、大排気量NAエンジンの余裕のある豪快な加速がたまらないという声も聞こえてきそうです。


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています