「アスリート」系のアグレッシブさと走りの良さが際立つ ─ 新型トヨタ「クラウン」画像ギャラリー 

高級セダンというと、走りの情感の面でメルセデス・ベンツやBMW、アウディなどのプレミアム御三家にどう迫っているか、という視点で「見てしまいがち」のような気がします(少なくても自動車関連のプレスは)。

TOYOTA_CROWN_11

一方、日本で4割超のシェアをガッチリと握り、「トヨタ」ブランドの最上級セダンとして長年君臨してきたクラウンだけに(やや特殊なセンチュリーを除く)、日本の中で見れば今も昔も「いつかはクラウン」と憧れる存在なのでしょう。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。