【知っておきたいバイク整備工具の基礎知識】ドライバー

今回はバイクの整備でとっても良く使う「ドライバー」のお話をしましょう。

ドライバーは色々な種類があるように思いますが、バイクの整備に使うドライバーの場合、先端の大きさは三種類しかありません。そして小さな順番から0番、1番。2番、3番、4番という呼び方をします(グリップとかシャフトに番号が書いててあるものもあります)。

バイクでは1番から3番のドライバーがあれば、ほとんどの作業を行うことができます。ただし、ネジの大きさにあったドライバーを使うことはとても重要です。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事