惜しまれつつ終了したランエボ。そこに命が吹き込まれる様子【お正月だから見ておきたいメーカーオフィシャル動画】

2015年に惜しまれつつなくなってしまったものといえば、クルマ好きにとってはランエボでしょう。

エボXがデビューした時に峠道風のテストコースを走って感じた、ドライバーのミスをもフォローしてくれる驚きの操縦特性は今だに忘れることができません。速いだけじゃなく凄いクルマだったなあ……。

そんなランエボの有終の美を飾った最終モデルが「ファイナルエディション」。ボク自身もサーキットでその日本限定1000台のクルマに乗ることができたのは、思い出に残る体験でした。

三菱自動車からは、そんなランエボのファイナルエディションの製造、そして納車までの様子を収めた動画が公開されています。

ランエボファイナル01

こちらは6分越えと、メーカー公式ムービーとしてはちょっと長めの力作。

アルミ材の納入からプレス、車体溶接、部品の取り付けとランエボの製造工程がギュギュっと凝縮されています。その様子は、まるでランエボに命が吹き込まれていくかのよう。なかなか見ることのできない完成検査やモータープールの様子まで収められているのも興味深いですね。

(工藤貴宏)

【関連記事】

[お正月だから見ておきたいメーカーオフィシャル動画]

新車一切に登場せず。トヨタの底力を感じさせる力作
https://clicccar.com/?p=346125

先輩のハートを忘れない。そんな想いが伝わってくるマツダの力作
https://clicccar.com/?p=346132

新型じゃなくても優れたクルマ。そんなことを感じさせるホンダ
https://clicccar.com/?p=346138

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。