日産エクストレイルにエマージェンシーブレーキを標準装備、特別仕様車も設定

さらに、ガソリン車全車に暖房の効きを早める「PTC素子ヒーター」を標準で用意。ハイブリッド車の「20X」および「エクストリーマーシリーズ」には、リモコンオートバックドアを標準装備とし、快適性と使い勝手を向上。

T32-151216-11

グレード構成も見直されています。2WDのガソリン車とハイブリッド仕様に「20S エマージェンシーブレーキパッケージ」が追加設定され、ガソリン車の2WDは220万円台に設定することでさらなる拡販が託されています。

ボディカラーでは新色も設定され、雄大なサバンナの大地を照らす太陽の力強い色をイメージしたという「キャニオンブロンズ」を追加。

T32-151216-03

また、同車で人気のオプションを標準装備した特別仕様車「20Xt エマージェンシーブレーキパッケージ」をガソリン車に追加。LEDヘッドランプやフォグランプをはじめ、リモコンオートバックドア、ルーフレールとあわせて、インテリジェント パーキングアシスト付のアラウンドビューモニターやナビゲーションシステムを搭載し、オプションで装着した場合に比べ約11万円お得(割安)な価格設定になっています。

T32-151216-04T32-151216-05

「20Xt エマージェンシーブレーキパッケージ」をベースに、より精悍で力強いスタイルの「20Xt ブラック エクストリーマーX エマージェンシーブレーキパッケージ」も設定されています。

T32-151216-10

特別仕様車を含むエクストレイルの価格帯は、223万8840円〜329万4000円です。

(塚田勝弘)