【東京モーターショー15】今年はパンチの効いた「スポーツカー」がショーを盛り上げる!

10月30日(金)から11月8日(日)までの日程で一般公開中の東京モーターショー。

第44回となる今回のショーでは「きっと、あなたのココロが走り出す」をメインテーマに、コンセプトである「TECHNOLOGY×FANTASY」に沿って各社が最新の「自動運転技術」や「環境技術」を披露しています。

MAZDA

今回のショーには世界11ヵ国から合計160社が参加、全ての国内メーカー14社15ブランド、海外メーカーでは16社26ブランドが出展。

ショーを主催する日本自動車工業会は2013年の前回ショーの総入場者数 902,800 人を一人でも上回ることを目指しており、その起爆剤として、今回のショーでは「スポーツカー」 を全面的にフィーチャーしています。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。