【東京モーターショー15】ダイハツは4台の世界初公開でアピール

『POSSIBLE! 明日の「できる」をダイハツと』をテーマに掲げ、第44回 東京モーターショーに出展するダイハツ工業は、なんと4台もの世界初公開となるコンセプトカーを用意しています。

軽自動車ナンバーワンの座を守り続けるダイハツですが、コンセプトカー4台のうち軽自動車であることが明らかなのは2台。さらに、次世代ベーシックカーも提案します。

d-base151006001

その「ディーベース」は、名前からもダイハツの次世代コンパクトカーのベースであることが感じられます。ディテールはショーカー的ながら、シルエットにリアリティを感じさせ、軽自動車で実績あるe:Sテクノロジーを盛り込むことで内燃機関の性能を極めた環境車の姿を示します。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。