2017年、オペルが変わる!「インシグニア」次世代モデルの魅力

日本でオペルと言うとデザインが地味で欧州車のわりにプレミアム感が少ないイメージですが、そのイメージをガラリと変えてくれそうなモデルとなりそうな「インシグニア」次世代モデルを捕捉しました。

「インシグニア」はオペルの旗艦サルーンで、次世代モデルは2013年フランクフルトモーターショーで発表された「モンツァ コンセプト」がベースになると噂されています。

 Opel Insignia 01

コンセプトモデルとは言え、流れるような美しいクーペルーフや薄くシャープなヘッドライトでプレミアム感を演出、フロントバンパー左右の大きなエアインテークは迫力を出していました。

試作車ではまだ擬装が多く、詳細は不明ですが、薄いヘッドライトやクーペルーフなどコンセプトを継承しているデザインが見られます。

実用性も現行モデルより、ホイールベースを約10cm延長し、居住性をアップ、軽量化により、大幅な燃費向上を図るようです。

まさにオペルの未来を変える一台と言えそうな次世代「インシグニア」は2017年9月のフランクフルトモーターショーで市販モデルがお披露目されそうです。

(APOLLO)