トヨタが2020年までに目指す自動運転で「できること」とは?

IT・エレクトロニクスの見本市「CEATEC JAPAN」の開催と合わせるように、10月6日にトヨタが公開した開発中の自動運転車両。

Highway_Teammate_13

レクサスGSがベースで、「Highway Teammate」と呼ぶ同車両はカメラとレーザーレーダーを使い道路の白線や周囲の道路状況をセンシングし、自動的に車線と車間の維持、追い越し(レーンチェンジ)、合流などが可能で、自動車専用道路の入口ランプウェイから出口ランプウェイまで自動走行することができるとしています。

Highway_Teammate_07

ということは、条件が整えば首都高速を使って高速道路が続く限りどこまでも行けるということになります。もちろん、SAやPA内の移動はドライバーが操作することになるのでしょう。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事