4代目ロードスターがついに失った3つの伝統

2014年9月4日、ついに4代目となるマツダ・ロードスターが、その姿を公にしました。発売は2015年予定ですから、まだまだお披露目という段階で詳細は不明ですが、ともかく、このスタイリングで市販されるというのは間違いありません。

mazda 4th Roadster_068

そのボディは、非常にグラマラスな印象ですが、歴代モデルでもっとも短い全長となる4代目ロードスター(ND型と呼ばれています)は、車両重量も3代目(NC型)に対して100kg以上も軽量化しているともいいます。

手頃な2シーターオープンであること、走りが楽しめるフロントミッドシップであること、50:50の理想的な前後重量配分などなど、ロードスターが初代(NA型)、2代目(NB型)、3代目と進化していくなかで守り続けてきた要素は、しっかりと受け継がれているということです。

しかし、新型NDロードスターは、とある伝統的アイテムを失ってしまいました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事