プリウス派生SUV「C-HR」が東京モーターショーで公開か?

国内各社からコンパクトSUVが相次いで発売されるようになり、マツダ「CX-3」、ホンダ「ヴェゼル」、日産「ジューク」など、200万円台のモデルが若年層を中心に人気を集めています。 

MAZDA_CX-3

これらのモデルはこれまでの大型SUVと異なり、全長が4.3m前後と街中でも扱いやすいサイズであるのに加えて、魅力的なボディ・デザインも人気の要因となっています。

 HONDA_VEZEL NISSAN_JUKE

そうしたなか、トヨタ自動車も今年9月のフランクフルトショーでデビューが予想される次期プリウスとプラットフォームを共にするコンパクトSUVを来年初旬にも発売するようです。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。