トヨタ・プリウスの駆動モーター進化のポイントは「リラクタンストルク」

いま自動車業界のトレンドは「EVシフト」と「自動運転」。いずれも日本の自動車メーカーは遅れを取っているというイメージですが、そうとはいえません。とくに前者においては「EV」という言葉から近々に100%電気自動車が主流になると捉えられていますが、当面はハイブリッドカーが多数派になると予想されています。

というのは、いまの内燃機関を使った自動車の性能(航続距離など)をそのままに電気自動車に入れ替えるには、あまりにも車両価格が上がってしまうから。電気自動車がリーズナブルなモビリティになるには、まだまだ超えなければならないハードルはいくつもあります。それはバッテリーであったり、充電システムであったりします。

その一方で、駆動モーターについては、ほぼ進化し尽したと考えられているのか、ブレークスルーを求める声はあまり聞きません。

しかし、電動車を拡大するためには、まだまだ課題はあります。トヨタが開催した「電動化技術説明会」では、1997年に誕生した初代から現行型まで歴代プリウスの駆動モーターが並べられ、いくつもの課題をクリアすることで進化してきた様を見比べることができました。

駆動モーターにおける進化ポイントと技術開発の3本柱は「低損失化」、「小型軽量化」、「低コスト化」。そのほか冷却性能や静粛性といった部分でも進化を遂げています。

『トヨタ』の最新記事

電動車両のキーデバイス「PCU」は小型化の歴史。プリウスは歴代の進化で半分のサイズに
トヨタ・プリウスがデビュー20年。プリウスが切り拓いたバッテリー進化の歴史

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事