アウトランダーPHEVは、エクストレイルやCX-5、ハリアーよりも乗り心地は上!?

大胆なフロントマスクに生まれ変わるなど、ビッグマイナーチェンジを受けた三菱アウトランダー、アウトランダーPHEV。

20150805MitsubishiPHEV_46

2015年度の販売目標台数はPHEVが1000台/月、純ガソリン仕様のアウトランダーが200台/月と、月販目標を見ただけでもPHEVの知名度の高さ、人気ぶりがうかがえます。

今回、マイナーチェンジを受けた純ガソリン仕様とPHEVにそれぞれ乗り比べると、両車ともに美点と弱点がうかがえますが、まず共通するのは乗り心地が格段に上質になり、国産SUVでもトップクラスといえるレベルに到達している点。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。