「ヤマハ E-Vino」ホンキの電動スクーター発売

ヤマハ発動機から新しい電動スクーター、「E-Vino」が発表されました。23万6520円(税込)で、8月20日より約4000店のヤマハの拠点から販売されます。

20150729YamahaE-Vino_06 

ヤマハでは、短距離移動の乗り物として、電動アシスト自転車が5km以内、エンジンスクーターが30km以内として、電動スクーターは10km以内が目安だとしているそうです。今回のE-Vinoは、標準バッテリーでの一充電航続距離は30km/hでの定地走行で29kmです。坂道や信号でのゴー&ストップもあるとして、実質的には半分くらい走れば、片道7kmの通学や通勤には使えるというところでしょうか。ママチャリで7kmはちょっと辛い距離ですね。

20150729YamahaE-Vino_07

そんなE-Vinoは、ユースフル(使いやすい)でフレンドリー(親しみやすい、優しい)を目標に開発されました

使いやすさとして、充電時間はこれまでの約半分の3時間。バッテリーはアパート、マンションなどでも充電できるような着脱式

エンジンのあった位置は収納スペースとして活用し、長いフランスパンでも収められるそうです。

親しみやすさ、優しさとしては、あえて専用車体を用いず、これまでにあるスクーターVinoの車体で気軽に乗ってもらえるようにしています。もちろん、コストダウンにもなって価格も少し優しくなります。

あえてカラーリングもガソリンVinoのオシャレさを活かして、一般的な電動車両のようなクリーンさやエコさなどは特段アピールしないようにしています。

20150729YamahaE-Vino_19

電動モーター車両のなめらかな加速には、なめらかな正弦波電流が必要です。これまでスタート時にほんのわずかな矩形波の電流が流れていたことも制御して、スタートからなめらかに正弦波電流が流れるようにしています。

この記事の著者

編集長 小林和久

編集長 小林和久 近影
子供の頃から自動車に興味を持ち、それを作る側になりたくて工学部に進み、某自動車部品メーカへの就職を決めかけていたのに広い視野でクルマが見られなくなりそうだと思い辞退。他業界へ就職するも、働き出すと出身学部や理系や文系など関係ないと思い、出版社である三栄書房へ。その後、硬め柔らかめ色々な自動車雑誌を(たらい回しに?)経たおかげで、広く(浅く?)クルマの知識が身に付くことに。2010年12月のクリッカー「創刊」より編集長を務める。大きい、小さい、速い、遅いなど極端なクルマがホントは好き。