国内最高速対決が実現! レクサスLFAとGT-R NISMO速いのはどっち!?

国産市販車最速はどっちだ!?

このテーマに名乗りを上げたのは、高級スポーツカー「レクサスLFA」と日産の誇るスーパースポーツ「GT-R NISMO」の2台。

heisou

 2010年に世界限定500台で発売されたLFAは、4.8リッターV10自然吸気エンジン搭載で、560馬力仕様。

lfa

対するGT-R NISMOは3.8リッターV6ターボエンジン搭載です。ただ、今回走行したNISMOバージョンは通常のGT-Rよりも50馬力上げられた600馬力仕様となっています。

gt-r

安全が確保されたクローズドコース。各マシンのステアリングを握るのは、レーシングドライバーの飯田章選手です。計測はGPSを使用したDOSSという機械を使用します。

akira DRIFTBOX

気になるリミッターですが、LFAは飯田選手の自家用で元々リミッターは入っていません。GT-R NISMOはサーキットモードに設定し、リミッターは解除してあります。

circuitmode

まずは、LFAから走行。自然吸気のV10エンジンが奏でるサウンドは素晴らしいの一言。快音とともに、一気に加速して行きます。

lfa_bank

結果はウェット路面にも関わらず284.78km/h。

lfa_straight

続いて、GT-R NISMO。こちらはいかにもハイパワーを感じさせる轟音とともに、速度を上げて行きます。

gt-r_bank

結果は291.34km/h。

gt-r_straight

結果、最高速対決はGT-R NISMOの勝利となりました。ウェット路面でドライバーはアクセルを全開にはしていなかったので、ドライ路面であれば、300キロを超えてましたね。

gt-r_engine_nismo

エンジン全開サウンドとともに、加速するそれぞれのマシンの動画映像を一部ご覧ください。マシンのルーフに取り付けられた車載映像はド迫力の一言です。

gt-r_roof

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事