中国市場でトヨタ、ホンダ、マツダの新車販売が好調!

マークラインズによると、トヨタ、ホンダ、マツダが中国で好調な販売を維持しているようです。

中でもトヨタは6月の中国新車販売が前年同月比+41.7%増の10万600台と、2桁台の大幅増を達成、3カ月連続で前年実績を上回っています。

TOYOTA_Corolla_HEV

1-6月の累計販売は51万2,800台(+10.1%)で、通年目標である110万台の達成を目指している状況。

6月度の内訳では主力のカローラが2万5,000台を突破するなど販売を牽引、小型車のヴィオス(1万2,000台)やレビン(1万台)がそれに続いています。

CHAINA(出展 マークラインズ)

中国で人気のSUVでは3月に発売した新型「ハイランダー」が好調で5月、6月ともに9,000台超となり、同クラスのライバル車をリードしています。

下半期にはクラウンの低価格モデルやカローラHVの発売を予定しているようで、2.7L版の「プラド」についても市場投入する計画とか。

TOYOTA_Levin_HEV

またホンダも6月の中国新車販売が7万3,381台(+26.1%)と好調で、4カ月連続増となっています。1-6月の累計販売はトヨタに続く46万901台(+30.4%)に。

マツダについても6月の販売が1万7,400台(+14.2%)、1-6月の累計販売が11万5,979台(+17.3%)と、上半期として過去最高を更新。

アクセラなどスカイアクティブ3車種が全体を牽引しており、8月にはアテンザの2015年モデル投入を予定しているようです。

〔関連記事〕

環境汚染に悩む中国でトヨタが一気に巻き返しに出る!
https://clicccar.com/2015/05/08/305882/

ハイブリッドへの期待からトヨタは中国市場で優位に?
https://clicccar.com/2013/04/22/218359/

危機的状態にある中国大気汚染の原因を取り除き、解決に導くのは日本車だ!
https://clicccar.com/2013/02/07/212234/

 (Avanti Yasunori

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。