【速報】トヨタのハンプ役員が辞任

6月18日に、麻薬取締法違反容疑によって逮捕されたトヨタ自動車の常務役員ジュリー・ハンプ氏の辞任がトヨタより発表されました。

julie_hamp128

「オキシコドン」などの密輸に関する容疑については現在も捜査中ということでトヨタから発表できる内容はないということ。

また、辞任の経緯については、6月30日にハンプ氏から常務役員職の辞任届が提出され、それを受け入れた形であることが発表されています。

今回の一件によってグローバル人材の登用にブレーキがかかることも心配されますが、逮捕翌日の豊田章男社長による記者会見でも発言があったように、必要に応じてカイゼンを進めながらグローバル企業を目指すという方針は、あらためて強調されています。

公式発表は以下の通りです。

 弊社常務役員ジュリー・ハンプ氏の辞任に関するステートメント

 このたびは、弊社常務役員ジュリー・ハンプ氏の件で、世間をお騒がせすることになり、改めて、お詫び申し上げます。

 6月30日、ハンプ氏より、弊社常務役員職辞任届が参りました。弊社といたしましては、ハンプ氏の逮捕以降、世間を大変お騒がせし、多くの方々にご心配やご迷惑をおかけしていることを勘案し、ハンプ氏の届を受け入れることといたしました。

 ハンプ氏の常務役員への登用は、日本国籍ではない役員が日本に常駐するという弊社にとって初めての経験であり、大きな決断でもありました。弊社といたしましては、今回の件を踏まえ、世界のどこでも社員が安心して働き、活躍することができるよう、改善すべき点はしっかりと改善した上で、「真のグローバル企業」を目指し、国籍、性別、年齢などにかかわらず、多様性を尊重し、「適材適所」の考え方に基づいた人材登用を今後とも進めてまいる所存です。

 今回のハンプ氏の件につきましては、現在も捜査が継続しており、弊社よりご説明できる内容が非常に限られておりますので、このようなステートメントを発表させていただきました。何卒、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

■関連記事

トヨタ初の女性役員、ジュリー・ハンプ常務役員の麻薬取締法違反逮捕について緊急会見
https://clicccar.com/2015/06/19/312997/

(山本晋也)

 

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。