フィアット・パンダの4WD&6MTに120台限定車が登場!

フィアット・パンダは、フィアット500と同じプラットフォームを使っているとは思えないほど巧みなパッケージングでアップライトポジションのお手本のような着座姿勢と頭上方向の広さ感があり、ロールしながらも粘り着くようなロードフォールディング性能でファン・トゥ・ドライブを満喫できるのが特徴。

375_news_image_Panda4x4_Comfort

輸入車の4WD仕様で最も安い価格、そして6MTのみという陣容で登場した「パンダ4×4」ですが、登場時からじつは限定車という位置づけ。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。