トヨタ自動車がDODAの転職先人気企業調査で1位に!

厚生労働省が発表した本年4月の有効求人倍率は1.17倍と、前年同月(1.08倍)比で上昇しており、人材の流動が活発化しつつあります。 

DODA(出展 厚生労働省)

そうした中、インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」が22~39歳のビジネスパーソン5,161人を対象に「転職したい会社」を調査した結果を発表しました。

同社がまとめた「DODA転職人気企業ランキング2015」によると、総合ランキングの1位はトヨタ自動車、2位Google、3位ソニーとなっており、これまで5年連続1位だったGoogleを抑えてトヨタが1位を奪取。

DODA(出展 インテリジェンス)

トヨタは営業・純利益とも2年連続で過去最高と業績好調なことに加えて、持続的成長を図るため、女性の積極登用などダイバーシティの推進に力を入れたことが奏功したと分析しています。

昨年末に理系女子学生のキャリア構築支援を狙いとした「トヨタ女性技術者育成基金」を設立したほか、今年4月には初の女性役員を登用。

これらの施策により女性からの支持が拡大、首位奪取に繋がった模様。

その他、自動車会社では昨年10位だったホンダが7位にランクアップ、日産が81位から34位へ、マツダが61位から49位へとそれぞれランクアップを果たしており、輸出で円高の追い風を受ける自動車メーカーが順位を上げています。

またIT/通信関連ではYahooやLINEなどのインターネット/広告/メディアを手掛ける企業のランクアップが目立つ状況となっています。

■DODA(デューダ) Webサイト
http://doda.jp/guide/popular/?sid=TopGuide01

■インテリジェンス Webサイト
http://www.inte.co.jp/library/survey/20150608.html

〔関連記事〕

トヨタが創業来初となる外国人副社長・女性役員擁立へ!
https://clicccar.com/2015/03/15/297804/

「ブランド価値」の番付でスバルとマツダが急上昇!
https://clicccar.com/2015/02/17/293813/

トヨタが「リケジョ」の就職支援で女性技術者育成基金設立!
https://clicccar.com/2014/12/03/280442/

 (Avanti Yasunori

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。