トヨタ自動車が運転席から車外を「透視」する技術を開発!

駐車時の後方確認や走行中の安全確保で車載カメラのニーズが拡大しています。

ミニバンのようなボディサイズの大きなクルマやクォーターピラーの太いスポーティ車では必然的にドライバーから見えない後方の死角が増えます。

TOYOTA_VELLFIRE

そこでトヨタ自動車は死角排除に向けた最新技術を富士通テンとの共同開発により、今年1月26日に発売した「アルファード」と「ヴェルファイア」に搭載しました。

この技術は、これまでの「パノラミックビューモニター」に加えて、新たに「シースルービュー」機能を追加したもの。