ハイブリッド追加で魅力倍増の日産エクストレイル、燃費はリッター20.6キロ

日本の自動車マーケットにおいてクロスオーバーSUVの代名詞的存在感を持ち、2013年12月に現在の3代目モデルへと進化を遂げた日産エクストレイル。

3代目モデルでは、それまでのタフギア的な魅力に加え、ヨーロピアンな雰囲気さえも手に入れたシャープなスタイリングと、定評ある駆動システム「ALL MODE 4×4-i」によるクロスカントリー性能など、クロスオーバーSUVのトレンドリーダーとして洗練をアピールしてきています。

そんな日産エクストレイルに、クロスオーバーSUVのトレンドである「ハイブリッド」が加わりました。

extrai2015hyd001 

とはいえ、群雄割拠状態の国内クロスオーバー市場では、ホンダ・ヴェゼルやトヨタ・ハリアー、スバルXVが、すでにハイブリッドを用意、市場の1/3を占めている状況。

最新のハイブリッドモデルであるエクストレイルのシステムは、どのようなアドバンテージを持っているのでしょう。

この記事の著者

山本晋也 近影

山本晋也

日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビ・・・