スズキ・アルトターボに「ワークス」の追加を期待できる3つの理由

2015年3月11日、ついにスズキから「アルトターボRS」が登場しました。

ダイハツ・コペンや、間もなく登場するホンダS660のような2シーターのプレミアムな軽スポーツではなく、あくまでもベーシックモデルのホット版というキャラクターは、いまや貴重な存在。

2013年の東京モーターショーにおいてスズキの鈴木修社長が、そうした贅沢な軽自動車を批判したということもありましたが、まさに身近なスポーツモデルとしてのスズキの回答といえるモデルです。

altoturboRS103

このアルトターボRSを、かつてのホットハッチ『アルトワークス』に重ねる向きもありますが、これは純粋に『ワークス』の後継モデルなのでしょうか。

いや、むしろアルトターボが”RS”というネーミングで出てきたからこそ『ワークス』への期待が高まるのです。

そう考えられる理由は3つあります。