12月20日ダイハツが「ムーヴ」を大改良!燃費は軽No.1になる?

ダイハツがWeb上にティザーサイトを立ち上げ、2012年12月20日の新「ムーヴ」の登場を予告しています。

 2010年12月の現行モデル登場から2年が経過しており、スズキ ワゴンRなど、ライバル車の進化への対応を盛り込んだ大掛かりなマイナーチェンジとなっている模様。

ティザーによると、軽クラスで最高となる29.0km/L(JC08モード)の燃費を実現したことに加えて、「走る・曲がる・止まる」といった基本性能の向上や安全性能の向上を図ったと言います。 

ダイハツ ムーヴ カスタム(現行)

燃費向上では「イーステクノロジー」第2弾となる「サーモ・マネジメント」を徹底追及。また基本性能面では高速走行性能&静粛性、コーナリング時の安定性、ブレーキ性能などを向上、安全面では軽初となるレーダーを使った「スマートアシスト」機能導入などが盛り込まれているようです。 

ダイハツ ムーヴ カスタム(現行)

「スマートアシスト」は追突事故の約60%を占める30km/h以下の低速域衝突を低減する為、「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」、「誤発進抑制制御機能」、「先行車発進お知らせ機能」、「VSC&TRC」など4項目に渡る安全機能が盛り込まれているとか。

今回の改良により新ムーヴは追い上げるライバル車への構えを万全にしたと言えそうです。 

■ダイハツ ムーヴ ティザーサイト
 http://www.daihatsu.co.jp/newmove/

 (Avanti Yasunori) 

 【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=206731

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。