トヨタがブラジルでコンパクトモデル「エティオス」の生産能力を増強へ

トヨタが南アフリカ、インドやブラジルなどの新興国に向けて投入しているエティオス。セダンは全長4.3m以下、ハッチバックは3.8m以下というコンパクトモデルです。さらに、2013年11月にクロスオーバー「エティオスクロス」も追加されています。

etios_01

今回、トヨタはブラジルの製造・販売子会社である「Toyota do Brasil LTDA.(ブラジルトヨタ、以下TDB)」のソロカバ工場の生産能力を、2016年初を目標に7万4000台から10万8000台へ増強することを決定したそう。これはエティオスの人気増に対応するもので、今回の生産能力増の投資額は約45億円を予定。