トヨタが2017年からWRC復帰。社長もテストドライブ【動画】── 画像ギャラリー

トヨタが、2017年からWRC(世界ラリー選手権)に参戦することを正式に発表しました。

2013年のフランクフルトモーターショーにて、GRE(グローバルレーシングエンジン)を公開したときからのウワサが現実となりました。

2015年は、その準備としてヤリス(日本名:ヴィッツ)をベースに、GRE規程による1.6リッター直噴ターボを搭載したWRCマシンによる開発テストを行なうということです。

Yaris_WRC_Testing_07

開発およびテストを担当するのはトヨタモータースポーツ有限会社(TMG)。もともとTTEとして、トヨタのラリー活動を支えていた組織による、まさに満を持してのWRC復帰というわけです。