日産はNISMOのロードカーの進化とライダーの未来像に注目!【東京オートサロン2015】

西ホールの中央にブースを構えている日産自動車。昨年はスーパーGT、GT500クラスでシリーズチャンピオンに輝くなどレース活動に留まらず、NISMOロードカーのラインナップが拡充されるなど注目ポイントがいっぱいです。

PHOTO_014

PHOTO_009 PHOTO_008PHOTO_023 PHOTO_001

日産ブースはNISMOとオーテックの2つのブランドを中心に展示されています。昨年第5弾モデルとなるノートニスモを販売開始したNISMOはマーチ、ノート、ジューク、フェアレディZ、GT-Rと全てのロードカーを展示しています。

展示されているNISMOロードカーにはサーキットでのスポーツ走行をより楽しめるように駆動系、サスペンション、ブレーキなどにNISMO SPORTS PARTSを装着しています。昨年のオートサロンではロードカーのお披露目だったが、今年はロードカーにチューンナップパーツを装着しています。これはマーチからGT-Rまでハードが揃ったタイミングで、今度はソフト開発という新たなフェーズに入ったと言えるでしょう。

PHOTO_012 PHOTO_013PHOTO_010 PHOTO_011PHOTO_006 PHOTO_007PHOTO_022 PHOTO_025PHOTO_021 PHOTO_026

ライダーやアクシスといった日産のファクトリーチューンを支えるオーテックは、エルグランドライダーハイパフォーマンススペックブラックラインやデイズルークスライダーとともにセレナライダーアドバンススタディというライダーの未来形を出展しています。

PHOTO_015 PHOTO_016PHOTO_017 PHOTO_019 PHOTO_018 PHOTO_020

カスタマイズカーの定番となったライダーをさらに進化させて、ライダーの代名詞だったメッキグリルを止めて先進性やダイナミック感、スマート感と主張しています。そのほかの出展車では昨年マイナーチェンジを行ったジュークはジューク独自のカスタムの世界観を表現したパーソナライゼーションアドバンスドコンセプト。そしてEV初の商用車e-NV200をベースにアクティブ感を強調したスポーツユーティリティギアを展示しています。

PHOTO_002 PHOTO_003PHOTO_004 PHOTO_005

PHOTO_027

そしてサプライズとして日産のソーシャルメディアである「にっちゃん」がレーシングチームを発足させることを発表し、ドライバーには福田彩乃さんが指名されました。昨年のスーパーGT500クラスのチャンピオンドライバーの松田次生さんが後見人となり、NISMOが全面バックアップすることを約束しました。福田さんのレース活動も注目です。

(萩原文博)