来春発売の新型マスタングは特別仕様車「50 YEARS EDITION」から受注開始

フォードの元社長でクライスラーの会長も務めた、あのリー・アイアコッカ氏が生みの親として知られるフォード・マスタング。シボレー・コルベットがよりスポーツカーらしい立ち位置なら、マスタングはアメリカのスペシャリティカーを代表する存在といえるでしょう。

FORD_Mustang_092

私も現行のマスタングには何度か乗っていますが、あの野太いエンジン音と先がまったく見えないロングノーズに、ボディサイズの割にタイトな室内は慣れるまで緊張しますし、ボディの剛性感などにツッコミを入れたくなるものの、慣れてくるとおおらかな走りから離れがたい魔力を感じさせます。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。