カーオブザイヤー特別賞の「トヨタの燃料電池車への取り組み」で評価されたモノは?

「JCOTY」こと「日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015」のイヤーカー発表会が10月13日、台風19号襲来の中、日本科学未来館で開催され、10ベストカーの中から低燃費技術やデザイン品質で国産コンパクトカー、マツダ「デミオ」が受賞しました。

JCOTY_2014

またインポート・カー・オブ・ザ・イヤーは走りの良さと快適性を高次元でバランスさせたメルセデス・ベンツ「Cクラスセダン」が受賞。

JCOTY_2014_MAZDAJCOTY_2014_Benz

そして今回「特別賞」に輝いたのは水素と酸素の化学反応により、発電しながらモーターで走るクルマを世界に先駆けて開発した「トヨタの燃料電池車への取組み」。

JCOTY_2014_FCV

JCOTY_2014_TOYOTA

実行委員会は受賞理由として、「世界でいち早く燃料電池車の量販化を決定、一般販売を実現した意義は大きく、日本が世界市場を牽引する分野として大いに期待できる」としています。

トヨタの次世代環境対応車「FCV」は年内に発売が予定されており、街で見かける日がいよいよ近付いて来ました。

■日本カーオブザイヤー Webサイト
http://www.jcoty.org/

〔関連記事〕

FCV発売間近で北部九州「水素戦略」プロジェクトに活気!
https://clicccar.com/2014/09/01/266363/

大阪ガスがFCV用「オンサイト型」水素ステーションを開設!
https://clicccar.com/2014/08/29/265942/

商用水素ステーション登場!FCVが現実味を帯びてきた
https://clicccar.com/2014/08/26/265584/

政府がFCV普及の「ロードマップ」策定、200万台目指す!
https://clicccar.com/2014/08/13/264497/

トヨタがFCVの市販時期を早めた背景に有るものとは?
https://clicccar.com/2014/07/20/262696/

Avanti Yasunori 

【画像をご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/2014/10/14/273150/