ボルボ「V40 Cross Country T4 Nordic」の上質な乗り味が魅力【V40クロスカントリー試乗記】

今回、各200限定で設定された特別仕様車の「V40 T5 Sports」と「V40 Cross Country T4 Nordic」。後者に試乗する機会がありましたので、ご報告したいと思います。現在のCセグメントは、自他ともにベンチマークと認めるフォルクスワーゲン・ゴルフをはじめ、メルセデス・ベンツAクラス、BMW1シリーズ、フォード・フォーカスなど多彩なモデルが揃っています。

V40_CROSS_COUNTRY_01V40の魅力は、クーペのようなスポーティなボディラインとスカンジナビアンデザインを十分に味わえるインテリアにありますが、先進的な安全装備や走りも見逃せません。

今回久しぶりに試乗したV40クロスカントリーは、同モデル初のFF。エンジンは「2.0L+6AT」のT5エンジンではなく、1.6Lの直列4気筒ターボの「T4」エンジンで、6速DCTの組み合わせ。

V40_CROSS_COUNTRY_03FFモデルではありますが、最低地上高が10mm高くて全高は逆に30mm高いのと、専用グリルやスキッドプレートにより素のV40よりもカジュアルな雰囲気が漂います。

V40_CROSS_COUNTRY_02悪路はほとんど走らず、スキーや登山などで林道を走る程度であればFFでこと足りるというニーズにピッタリですし、都市部でも車道と歩道などの段差を乗り越える際でも心理的にラクチンだったりします。

V40_CROSS_COUNTRY_09

走り出すとオヤっと思ったのは、乗り心地が滑らかで良好な点。「V40クロスカントリー T5 AWD」よりもタイヤの当たりが柔らかく、路面の凹凸を乗り越える際もボディ上屋の動きが少なく感じます。タイヤサイズは225/50R17で、「V40 T4 Sports」の225/40R18よりグリップなどで譲っても、乗り心地面ではこの17インチの方が有利なのは容易に想像できます。

今回は高速道路も走りましたが、予想どおり180ps/240Nmの動力性能に不足はなく、1440kgの車両重量はT5 AWDよりも140kgも軽く、軽快なフットワークにも効いているのを実感。

湿式デュアルクラッチの6速DCTは、6ATほど滑らかではないものの、変速ショックはかなり抑えられていますし、マニュアルモードにして積極的に走らせる際はATよりもレスポンスよく応えてくれます。

(塚田勝弘)