2014年2月登録車セールスランキング、新型ヴォクシー/ノア両車がベスト10に!

自販連(日本自動車販売協会連合会)調べによる2014年2月の国内乗用登録車(軽自動車は含みません)販売ランキングが発表されています。発売以来、トップを守ってきたホンダ・フィットはリコールの影響なのかランクダウン、かわってトヨタ・アクアがトップに返り咲いています。

TOYOTA_aqua1311_03

●2014年2月新車乗用車販売台数ランキング(自販連調べ)
1位  トヨタ アクア 23,973台
2位  トヨタ プリウス 23,501台
3位  ホンダ フィット 18,303台
4位  日産 ノート 12,237台
5位  トヨタ カローラ 11,335台
6位  日産 セレナ 10,496台
7位  トヨタ ヴィッツ 8,386台
8位  トヨタ ヴォクシー 8,147台
9位  日産 エクストレイル 7,554台
10位  トヨタ ノア 6,202台

1月に8位ランクインした日産エクストレイルは2月も好調を維持しています。注目は、小型車クラスのミニバンとして初めてフルハイブリッドを採用したトヨタのヴォクシー/ノア。2モデルの合計で1.4万台を超えるスタートダッシュとなりました。

NOAH VOXY10

また、ランク外では月販5,558台で11位につけているマツダ・アクセラに注目。高効率ガソリンエンジン、クリーンディーゼル、ハイブリッドと全方位的な環境パワートレインや新世代マツダのスタイリングと合わせて、人気を高めているようです。

axelasport200902

■関連記事
2014年1月セールスランキング、SUV好調で大変動
https://clicccar.com/2014/02/07/246082/

新型ヴォクシー/ノアが約6万1000台/月も受注した4つの理由
https://clicccar.com/2014/02/21/247476/

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。