世界初公開の新型セダン、コンセプトカーの「IMs」「IMQ」などを出展する日産自動車【上海国際モーターショー2019】

●「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現する新型セダン

2019年4月2日、日産自動車が「上海国際モーターショー2019」において、新型セダンを世界初公開すると発表しました。同ショーは、インターナショナル・エキシビジョン・アンド・コンベンションセンターにおいて、4月18日から25日まで一般公開されます。

新型セダンには、内・外装に日産の特徴的な最新のデザインが採用され、数多くの「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術が搭載されるそう。

あわせて先進技術とデザインを採用し、将来の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現する電動駆動のコンセプトカーで、クーペのようなスタイリッシュな「IMs」、クロスオーバーSUVの「IMQ」も披露されます。

2019年の北米国際自動車ショーで初公開されたコンセプトカー「IMs」は、進化したスポーツセダンという新しいセグメントを提案。EVだからこそ実現できる魅力的なデザインと広々とした室内に革新的なシートレイアウトが採用され、自動運転モードで走行中はステアリングが格納され、快適なドライビングを提供するとしています。マニュアル運転モードでは、先進のEVならではのワクワクする高性能な走りを楽しむことができるとしています。

クロスオーバーのコンセプトカー「IMQ」には、モーターを駆動するための電気を発電するガソリンエンジンを組み合わせた「e-POWER」が搭載されています。電動モーターのみで駆動するため、ピュアEVと同様の俊敏で力強い走りを楽しむことが可能。高いベルトラインが印象的で、アグレッシブなスタイリングの「IMQ」は、2019年ジュネーブ国際モーターショーにて初公開されています。

今年の上海モーターショーでは、現行の日産モデルランナップも展示されます。「ラニア」や「ティーダ」、「NISSAN GT-R」、世界で最も販売台数の多いEVの「日産リーフ」に加え、「キックス」、「ムラーノ」、「パトロール」、「キャシュカイ」、「テラ」、「エクストレイル」といったSUVも一堂に会します。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事

国が創設した「衝突被害軽減ブレーキの性能認定制度」で日産自動車が11車種の認定を取得
高速道路で日産GT-Rのステアリングを握れるチャンス! NEXCO中日本と日産自動車が高速道路で試乗会を開催
フェアレディZの50周年記念車「フェアレディZ 50th Anniversary」は2020年3月末までの期間限定モデル【新車】
伝説のカラーリングを再現! フェアレディZの50周年記念モデル登場に往年のファンは涙腺崩壊
新型シルフィが日産GT-R同等の空力性能を実現! 100%電気自動車のコンセプトカー「IMs」も進化!!【上海国際モーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事