スズキの欧州向け小型車「セレリオ」はデュアルジェットとオートシフトの意欲作

2014年3月4日に開幕したジュネーブモーターショーにて、スズキは2014年後半に欧州で販売するAセグメントのコンパクトカー「セレリオ」を欧州で初公開しています。

suzuki_celerio_Geneva201403

すでに2014年2月に開催されたインドオートエクスポにてワールドプレミアしたコンパクトカーですが、Aセグメントの概念を超える小型車ということで「Aセグメント+」をキャッチコピーとしています。

パワートレインは気筒あたり2本のインジェクターを持つ、日本でいう「デュアルジェット」仕様の「K10C」型エンジンを搭載。そこに、5速MTをベースとした「オートギヤシフト」を組み合わせるなどして、二酸化炭素排出量は85g/kmとクラストップの数値となっています。

suzuki_celerio_Geneva201401

■関連記事
スズキのグローバルコンパクト「セレリオ」デビュー
https://clicccar.com/2014/02/08/246113/

(山本晋也)