アメリカで話題となった「Appleがテスラを買収」で実現しそうなこと

Googleが自動運転やカーエレクトロニクスなど積極的に自動車関連分野への参入を目論んでいるという報道がありますが、クルマが走るIT技術の塊にすでになりつつあるいまでは、当然模索する道でしょう。

Apple

もう一方のシリコンバレーの雄、Appleもすでに「Siri」を使ったカーナビの音声検索機能などがホンダ「インターナビ」やケンウッドの「彩速ナビ」などですでに実用化されています。しかし、Googleも同分野ではクラリオンと「Intelligent VOICE」という音声検索機能を実用化しており、クラリオンは近いうちに完全な対話型音声操作も市販化すると表明しています。

クルマへの関わり方という意味ではAppleよりもすでに先んじている感のあるGoogle。そこに出てきたのが、Appleによるテスラの買収か? というニュースです。

tesla_02

アメリカ・サンフランスシスコの「SFGate」によると、多忙を極めるAppleのエイドリアン・ペリカ氏とイーロン・マスク氏が会見したというもの。

tesla_01

それだけで「Appleがテスラを買収か?」というのはあまりに短絡過ぎるとは思いますが、ソニーも目指しているウェアラブルや医療関係、そして自動車関連も当然ながらAppleも考えないわけはありません。

買収までいかなくても提携などが進めば、テスラの車載端末がiPadになり、Siriでナビから車両設定まで音声操作をするというのは、実現できそうです。

(塚田勝弘)