清原和博が選手時代「自分は天才!」と思った瞬間は?【動画】

往年のF1界に名を残す二人のドライバー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント。

真逆の性格にしてライバル、その二人のドライバーの現役時代を描いたレースが舞台となったヒューマンドラマ「ラッシュ/プライドと友情」については過去にもその紹介を行ってきました。

RUSH_15

「『ラッシュ/プライドと友情』に興奮!主演陣がニコ生に?! 吹替えはKinkiKids」https://clicccar.com/2014/01/26/245186/

「F1ドライバーの「夜の生活」が明らかに!」https://clicccar.com/2013/10/11/233086/

私も試写会で観させていただきましたが、非常にスリリングで、人間臭さと華麗さ、暗と明、華やかと地道、などの対義語が思い浮かぶストーリーで、クルマ好きにも、そうでない人にもゼッタイ楽しめる映画と言えそうです。

そんな「ラッシュ/プライドと友情」のロン・ハワード監督、ジェームス・ハント役のクリス・ヘムズワース、ニキ・ラウダ役のダニエル・ブリュールが来日、記者会見を行いました。

RUSH_03 RUSH_01 RUSH_05

そしてスペシャルゲストには、天才スラッガーとして誰もがその名を知る清原和博さんが駆けつけ、トークを交わしてくれました。

とある記者の質問「二人の天才ドライバーのお話がテーマですが、清原さんはご自身で自分のことを天才と思ったシーンはいつですか?」との質問に、さすが清原、天才だなと思えるような答を即座に出していました。

その様子はこちら。

けっこうマジ。仕込んでたネタじゃなさそうです。それにしても21歳からずーっとフェラーリを持ってるって、やっぱスーパースターですね。

 

『ラッシュ/プライドと友情』は2月7日からロードショーです。

(小林和久)