レクサスCT200h画像ギャラリー ─ レクサスのスピンドルグリルを得たハイブリッド

東京モーターショー2013にて、新しくスピンドルグリルを与えられた姿で、さり気なくブースに飾られていた、レクサスCT200hのマイナーチェンジが発表されました。

lexuscthj1401_01

レクサスのアイコンである「スピンドルグリル」を得ただけでなく、前後のバンパー形状を変更。よりワイド感、踏ん張り感を強調した造形となっています。あわせて16インチ、17インチホイールの意匠も変更されました。

また、スポーティグレード『F SPORT』の専用装備を充実させています。スピンドルグリルをメッシュタイプとしているほか大型リヤスポイラーを装備。ブラックルーフも新設定されています。

そのほかボディのスポット打点を増やしたり、たわみを抑える構造接着剤などを採用したりすることで、ボディ剛性を強化。フロントピラーやリヤコンビネーションランプにエアロスタビライジングフィンを追加、エンジンアンダーカバーなどには整流フィンをプラスするなど空力性能も高めています。

ボディカラーは全11色、インテリアは80パターンから選べるという新生CT200h。メーカー希望小売価格は、356万円~448万円(消費税5%込)となっています。

lexuscthj1401_07

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。