アルトラパンが燃費改善で減税率をアップ、あわせて安全基準にも対応

スズキの軽自動車「アルトラパン」がマイナーチェンジをしました。

エンジン制御の見直しやCVTのフリクション低減により、二輪駆動の自然吸気エンジンにおいて燃費性能を23.2km/L(従来より+0.4km/L)へと向上させています。

これにより「平成27年度燃費基準+10%」を達成し、自動車取得税と自動車重量税のいわゆるエコカー減免における軽減率が50%から75%に向上しているそうです。

同時に全機種の後席にISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーを採用するなど安全基準に対応しています。

なお、走りの余裕を求めるユーザー向けのターボグレードは健在ですが、JC08モード燃費が20.2km/Lにとどまっているために減税対象にはなっていません。

メーカー希望小売価格は、自然吸気エンジンのグレードが110万5650円〜135万3450円、ターボグレードが136万8150円〜156万4500円となっています。

■スズキ ラパン
http://www.suzuki.co.jp/car/lapin/ 

(山本晋也)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事