これはカッコイイけど20台限定! フランス高速警備隊風の「メガーヌ ルノー・スポール ジャンダルムリ」【東京オートサロン2014】

2001年5月に設立されたルノー・ジャポンは、インポーターとしてはまだ日が浅いですが、09年以降4年連続で前年越えとなり、2013年は3771台(前年比121.3%)という過去最高の新車登録台数を記録しています。

MEGANE_RENAULT_SPORT_GENDARMERIE_01

2013年はルノー・カングーのフェイスリフトから始まり、ルノー・ルーテシア、ルーテシアR.S.など、新しいルノー顔のスポーティなデザインや走りが評価された証拠でしょう。

MEGANE_RENAULT_SPORT_GENDARMERIE_02

オートサロンの会場で初披露された「メガーヌ ルノー・スポール ジャンダルムリ」は、わずか20台の限定車。

MEGANE_RENAULT_SPORT_GENDARMERIE_03

フランスの高速道路を取り締まる警察組織である国家憲兵隊(GENDARMERIE/ジャンダルムリ)が2010年から高速道路警備隊用車両として使用されている「メガーヌ ルノー・スポール」をイメージした専用ボディカラーをまとっています。

MEGANE_RENAULT_SPORT_GENDARMERIE_04

専用ボディカラーである「ブルー ロワ」のほか、ストップ&スタート機能、減速時、ブレーキング時のエネルギー回生である「エナジースマートマネジメント」のほか、「ジャンダルムリ」公認専用デカールの専用装備を標準装備し、価格は389万円です。

フランスの高速道路警備隊は、ニュルブルクリンクでの量産車FF最速ラップを誇るメガーヌR.S.の265ps/360Nmの動力性能をはじめ、強力なストッピングパワー、高速道路での正確なハンドリングなどを評価し、現在約70台が任務に就いているとのこと。

日本の高速道路専用パトカーの限定車が出たらコスプレだと思われそうですが、メガーヌR.S.だと絵になるから不思議です。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事