ブリヂストン「ECOPIA」に「雨に強くて長持ちする」車種別専用エコタイヤが登場!

ブリヂストンの低燃費タイヤ「ECOPIA(エコピア)」に、ウェット性能とロングライフ性を備えた新シリーズが加わりました。しかも車種別専用で、セダンとクーペ専用の「ECOPIA EX20」、軽自動車とコンパクトカー専用の「ECOPIA EX20C」、ミニバン専用の「ECOPIA EX20RV」を展開。

BS_ecopia_35

より転がりやすくすることで低燃費を実現するエコタイヤは、とくにウェット時に制動距離が延びてしまうという、相反する要素を克服する必要があります。

BS_ecopia_17

今回発表された「エコピア」の新シリーズは、ブリヂストン独自の材料技術「NanoPro-Tech(ナノプロ・テック)」の採用により相反する低燃費性能とウェット性能だけでなく、耐摩耗性(ゴムのすり減りにくさ)を高い次元で達成するという新コンパウンドを搭載。

また、特許出願中の「ULTIMAT(アルティメット)EYE(アイ)」と呼ぶ最新のタイヤ開発技術を採用しているのも注目です。

最先端のシミュレーション技術に加えて、踏面部のパタン接地力の分布の計測、可視化技術の組み合わせにより、ウェット性能の向上と高い耐偏摩耗性を両立する最適なタイヤ設計を可能にした技術。

注目の性能は、従来品よりも転がり抵抗は同等〜8%低減しながら、10%以上のウェット性能向上を実現。なかでもセダン、クーペ用のECOPIA EX20」は、日本自動車タイヤ協会のラベリング制度でウェットグリップ性能の最高グレード「a」を19サイズ中、18サイズで達成しています。

BS_ecopia_42

また、車種別専用設計とすることで、ボディタイプにより異なる偏摩耗を抑制することでもロングライフ性能を確保しています。

BS_ecopia_46

発売サイズは、セダン・クーペ用の「ECOPIA EX20」が全19、軽自動車・コンパクトカー専用の「ECOPIA EX20C」が17サイズ、ミニバン専用の「ECOPIA EX20RV」が10サイズ。

BS_ecopia_39

発売時期は3月1日からですが、サイズによっては4〜6月の発売予定になっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。