スズキが東京オートサロン2014に「ハスラー カスタマイズ」を出展!

スズキが1月10日(金)から12日(日)までの間、幕張メッセで開催される東京オートサロン2014に「ハスラー カスタマイズ」を出展すると発表しました。 

SUZUKI_HUSTLER

「スポーティー クロスオーバー」をコンセプトに同社が2014年1月8日発売予定の新型車「ハスラー」をドレスアップしたもの。 

SUZUKI_HUSTLERSUZUKI_HUSTLER

スズキによると「専用バンパーや専用エアロパーツにより、活発で挑戦的なイメージを表現、黄色と白色の2トーンカラーを採用した新型ハスラーの新たなデザインを提案するモデル」としています。 

ベース車の「ハスラー」自体が燃費の良さやリーズナブルな価格設定だけで無く、スズキらしいオリジナリティ溢れるエクステリアデザインも大いに魅力的なモデルだけに、オートサロンでこのカスタマイズ車が注目を浴びるのは必至。 

ƒSUZUKI_HUSTLERSUZUKI_HUSTLER

オートサロン会場で見逃せない一台になりそうです。 

■スズキ ハスラー Webサイト
http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

■東京オートサロン2014 Webサイト
http://www.tokyoautosalon.jp/

〔関連記事〕
スズキ「ハスラー」誕生、多目的なクロスオーバー軽自動車は価格104万8950円から。燃費は最高リッター29.2km
https://clicccar.com/2013/12/24/241284/ 

スズキ「ハスラー」画像ギャラリー -オレンジ、ピンクなど11パターンのカラフルボディも特徴
https://clicccar.com/2013/12/24/241291/

 (Avanti Yasunori

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/?p=241778

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。