「日本流行色協会」レクサスISのソニックチタニウムに決定!【オートカラーアウォード2014】

毎年、東京渋谷区にある文化学園大学で行われる、日本流行色協会が主催する自動車カラーデザインコンテストの「オートカラーアウォード」ですが、大賞をはじめ各賞が決定しました。

atca1312_01

グランプリに輝いたのは、レクサス「IS 300h」の「ソニックチタニウム(エクステリア)」、「トパーズブラウン(インテリア)」。

atca1312_02

受賞理由は、「ザ・クルマ」の色の美しさ、強い金属反射を特徴とする塗装技術であるソニック技術で明暗のグラデーションを効果的に表現したとのこと。

CUBE_01CUBE_02

準グランプリは、日産の「キューブ15Xロルブーセレクション」で、エクステリアは「スオミブルー」、インテリアカラーは「ロンブー」となっています。

時代の価値観やライフスタイルを先鋭に表現した優れたカラーデザインに贈られる「ファッションカラー賞」、家電などプロダクツメーカーのデザイナーにより選ばれる「プロダクツCMFデザイナーズセレクション」のダブル受賞となったのは、フォルクスワーゲンの「ビートルカブリオレ60’s」で、エクステリアは「デニムブルー」、インテリアは「ブラック&アトランティックブルー」。

XVH1314s

クルマのデザイナーによって選出される「オートカラーデザイナーズセレクション」は3部門あり、エクステリア部門はスバル「XVハイブリッド」の「プラズマグリーン・パール(エクステリア)」、「ブラック+シルバーアルカンターラ(インテリア)」が選ばれています。

im0000002433

インテリア部門と企画部門をダブル受賞したのは、スズキの「アルト・ラパン・ショコラ」で、「シャンパンピンクパールメタリック(エクステリア)」、「マルーン×アイボリー×レッド(インテリア)」。

BR13X01s

審査会場となる文化学園大学の学生の代表が選出する「文化学園大学セレクション」は、スバルの「スバルBRZプレミアムスポーツパッケージ」の「ダークグレー(エクステリア)」、「ブラック+タンレザー(インテリア)」が受賞しています。

(塚田勝弘)