トヨタ「ハイエース/レジアスエース」画像ギャラリー ─ 救急車も進化した最強1BOX

トヨタの人気1BOX「ハイエースに」と「レジアスエース」、「トヨタ救急車」がマイナーチェンジ、2013年12月9日から新しくなって発売されることが発表されました。

新しくなったフロントバンパー&グリル、LEDロービームを設定したヘッドランプ、フラットなサイド・スライドウインドウ、リヤコンビネーションランプに空力パーツであるエアロスタビライジングフィンを追加するなど外観からも最新スタイルをアピールします。

hiace1311_11

エアコンの操作スイッチ類をはじめ見直されたセンタークラスターパネル、平均燃費や外気温度などを表示するマルチインフォメーションディスプレイを全車に標準装備しているのがコクピットでの変更点となります。また、一部グレードにおいてバックドアにイージークローザーを装備、デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付)、スマートエントリー&スタートシステム、オーディオ・ステアリングスイッチをオプション設定するなど利便性を高めています。

hiace1311_10

toyota_ambulance1311_03

メーカー希望小売価格は、ハイエース/レジアスエース・バンが2,097,000円~3,287,000円。ハイエース・ワゴンが2,503,000円~3,587,000円、ハイエース・コミューターが2,818,000円~3,356,000円、トヨタ救急車は5,071,000円~11,056,000円となっています。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。