スズキ・アルトエコはガソリンエンジン車最良の35.0km/Lで税抜き79.9万円から

ガソリンエンジン車ナンバーワン省燃費を、ダイハツ・ミライースと競うスズキ・アルトエコがまたまた進化を遂げました。

圧縮比アップや、エンジン・CVTの制御見直しなどで燃費を改善。 2WDで35.0km/L(従来は33.0km/L)というガソリンエンジン車最良の燃費性能を達成、また4WDでも32.0km/L(同30.4km/L)としています。この進化したアルトエコは、2013年12月18日より発売開始されることが発表されています。 

2014altoeco35kmL002

 

すでに、エネチャージや新アイドリングストップシステムなど省燃費技術を採用している「アルト エコ」ですが、今回のマイナーチェンジでは、エンジンの圧縮比を11.0から11.2へと向上させているほか、ピストン形状の変更によりノッキングを抑えたことが燃焼改善につながる大きな変更点となっています。

さらに、新開発の低フリクション(摩擦抵抗)エンジンオイルの採用や、エンジンオイルポンプの変更によりフリクションを低減しています。加えて、エンジン内部部品の変更により油圧特性を見直してVVT作動領域を拡大したこと、にCVTの変速制御を最適化して低回転域での走行を可能としたことも燃費改善に効果大だったということです。

しかも、車両本体価格を見直しています。最廉価グレードの消費税抜き価格は799,000円。よりアフォーダブルな価格設定となりました。 

2014altoeco35kmL001

メーカー希望小売価格は、838,950円~1,043,700円。今回のマイナーチェンジにあわせて、ボディカラーには 赤(フェニックスレッドパール)とピンク(シャンパンピンクパールメタリック)を新設定、全7色となっています。

2014altoeco35kmL003

 

■関連記事
ダイハツミライース 33.4km/Lで燃費ナンバーワンで価格は74.5万円~
https://clicccar.com/2013/08/21/228370/

スズキ「アルトエコ」ガソリン車トップ燃費33.0km/Lを実現した【画像ギャラリー】
https://clicccar.com/2013/02/22/213494/ 

(山本晋也)

 

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。