【ホンダN-VAN試乗】N-VANとN-BOXどちらを買う? アクティから進化した走りや座り心地をチェック

ホンダ・N-VANはN-BOXをベースに全高を高めることで高い室内効率を実現しています。全高が60〜155mmも高くなり、助手席側をセンターピラーレス構造としたことで、ボディ(フロア)やシャーシを強化。

これによりN-VANの車両重量は930kg〜1020kgと、N-BOXの890kg〜1030kg(重くなるスロープ仕様を含む)と比較すると、40kg前後は重くなっているようです。

また、ストップ&ゴーを乗用の比較にならないほど繰り返す商用ユースだと、CVTの耐久性などが心配になります。商用がMT、3ATや4ATが多いのもそうした理由からで、N-VANでは金属ベルトの強化などにより、耐久性を担保しながら、最大積載量350kgの荷重にも対応。

ターボ仕様であれば、N-BOXに対するハンディはあまり感じさせません。全高の高さによるロール量(感覚ベースで)の違いはあります。それでも全高が1.95m前後であることを考えると、フットワークもかなり頑張っています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事