経済効果43兆円! 自律走行車普及で事故90%減による米試算

先日も「第20回ITS世界会議 東京2013」で世界各国から自動運転に関する最新技術がプレゼンテーションされるなど、盛り上がりをみせる中、米独立系シンクタンク「Eno Center」が自律走行車の普及により、交通事故や路上での死傷者が最大で9割低減、米経済に年間約43兆円もの効果をもたらすとのリポートを発表しました。

Eno_Center_for_Transportation

同センターによると、路上に於ける交通事故の殆どが人的要因によって発生している為、自律走行車が米国全体の10%普及するだけで交通事故と負傷者が半減、その経済効果は約2.4兆円に上ると言います。 

その他にも自律走行車は人間よりも反応速度が速く、交通の流れがよりスムーズになることから燃費が改善され、排出ガスも大幅に削減されるなど、環境へのメリットを挙げています。

 TOYOTA

自律走行車は周囲の車を認識するだけで無く、進行経路の情報を「車車間通信」により他の車とやりとりできる為、先行車の減速や加速を予期した円滑な走行が可能で、減速の連鎖で起きる渋滞を回避可能。 

IEEETOYOTA

また、普及と共にクルマの所有形態が変化して個人所有から複数所帯でのシェアが進み、駐車スペース不足の問題も解消されるとの予測も。 

ただ、スマートフォンからクルマを呼び出せるようになるなど、利便性が高まる余り、人々が運動不足となる懸念が有るとしています。 

今回のリポートでは技術上の課題や自律走行に伴う事故責任の所在など、ネガな要素については触れていませんが、自動車を取り巻く環境を一変させる潜在能力を考えれば、数々の障害は、遅かれ早かれ克服されると見込んでいるようです。 

NISSAN

自律走行車は米国のみならず、日本でも東京オリンピックが開催される2020年の発売を目指して急ピッチで開発が進んでおり、多発する交通事故の抜本的解決策の一つとして将来が大いに期待されている状況。 

■Eno Center for Transportation
  http://www.enotrans.org/ 

■国土交通省 オートパイロットシステム検討会
  http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/autopilot/ 

〔関連記事〕
・2020年「自動運転」には技術とともに法整備も課題 !
 https://clicccar.com/2013/10/18/233616/ 

・Google「自律走行車」は世界の自動車メーカーを脅威 へ!?
 https://clicccar.com/2013/10/08/232496/ 

・自動運転技術の要「自律走行車」にはハッキング対策が必須 !
 https://clicccar.com/2013/09/30/231958/ 

・日産の自動運転車が公道を走れるナンバーを取得
 https://clicccar.com/2013/09/27/231968/

・自律走行に必須? 2025年にネット通信で走る「コネクテッドカー」が6割に !
 https://clicccar.com/2013/09/25/231556/

 (Avanti Yasunori) 

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/?p=235039

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。