日産自動車の電気自動車「リーフ」が日本国内の累計販売10万台を達成

世界累計30万台以上を販売(2018年3月時点で約32万台を販売)した、世界でもっとも実績のある電気自動車「日産・リーフ」が、日本国内の累計販売でも10万台を超えたことが明らかとなりました。

そもそも、近年量産されている電気自動車でフルモデルチェンジを果たしたのは、メジャーブランドのモデルでは「リーフ」しか思いつかないくらい、電気自動車の歴史に刻まれる存在です。

マイナーチェンジ、モデルチェンジごとに航続可能距離を伸ばすなど実用性についても着実に向上させてきたことも、電気自動車への信頼感を増すのに一役買っています。

【国内市場における「日産リーフ」の歩み】
2010年12月 初代「日産リーフ」発売 24kWhバッテリー搭載、航続距離200km
2012年11月 マイナーチェンジ 大幅な軽量化や回生性能の向上などにより、航続距離228kmに
2013年9月 国内累計販売台数 3万台突破
2015年12月 マイナーチェンジ。航続距離280kmに
2017年10月 フルモデルチェンジ・新型モデル発売。航続距離400kmを達成
※上記航続距離はいずれもJC08モード

電動化ムーブメントの中、世界中メジャーブランドが電気自動車をリリースしていますが、EV専用プラットフォームを持つ専用モデル「リーフ」をフルモデルチェンジした経験を持つ日産自動車のノウハウは他社にアドバンテージを持っていることでしょう。国内販売10万台という節目は、そうした日産自動車の価値を再確認させてくれるのではないでしょうか。

なお、初代リーフの国内販売台数は8万1675台、2代目リーフはわずか半年で1万8000台以上をセールスするという好調ぶり。ゼロエミッションの電気自動車というだけでなく、高機能な運転支援システム「プロパイロット」、ほぼ自動といえる駐車支援システム「プロパイロットパーキング」を搭載したリーフは、まさに近未来を体感できるクルマです。

(山本晋也)

【関連記事】

日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤー受賞! 世界販売30万台を達成! 日産リーフってなにが凄いのか
https://clicccar.com/2018/03/26/566904/

【クリッカー・オブ・ザ・イヤー2017】2017年の大賞を獲得したのは「日産・リーフ」
https://clicccar.com/2018/01/31/546860/

累計30万台、販売台数世界一のEV「日産リーフ」がもっとも売れた地域は日本じゃなかった!
https://clicccar.com/2018/01/17/551352/

【クリッカーオブザイヤー2017】時代の変わり目を象徴する「日産・リーフ」
https://clicccar.com/2018/01/04/544207/

世界で最も実績のある電気自動車電気自動車は「日産・リーフ」。累計販売30万台を突破
https://clicccar.com/2018/01/11/547653/

『日産自動車』の最新記事

【エクストレイル・ハイブリッド試乗】日産SUVの稼ぎ頭の現行モデルから、次期モデルの姿に想いを馳せる
【エクストレイル・ハイブリッド試乗】モデル末期といえど、国産SUVのベンチマークとして未だに戦える理由とは?
ルノー・日産・三菱アライアンスがコネクテッド戦略を発表。パートナーとしてグーグルと提携
1億円オーバーの国産車対決。スペシャルなGT-RとトヨタのGRスーパースポーツを比べてみたら……
ボンネットは驚きの開き方、リアはハッチバック。GT-R50 byイタルデザインが想像の斜め上を行っていた

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事